人気ブログランキング【入口】
くつろぐブログランキング【入口】

トヨタが新型「クラウン」・居眠り運転に警報、ハイブリッド車も

2月18日(月)その2

 トヨタ自動車は18日、主力の高級セダン「クラウン」を4年ぶりに全面改良して発売した。新たにハイブリッド車を開発したほか、車内に10個のエアバッグを標準装備、運転手のまぶたの開閉状態を検知し居眠り運転を検知する警報装置を用意するなど、安全面での機能を向上した。月5500台の販売を計画。利益率の高いクラウンの発売で収益が低迷する国内事業をテコ入れする。

 新型クラウンは1955年の発売以来、13代目にあたる。「レクサス」が世界の高級車市場の開拓を担うのに対し、クラウンは「日本人のための高級セダン」(渡辺捷昭社長)と位置づけ開発を進めてきた。


NIKKEI NET マネー&マーケットより
この記事へのコメント
傍目には生きてるように普通に見えたってこと?客も見えてるんだよな
Posted by 中田ヤスタカ 機材 at 2013年06月18日 19:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84704484

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。