人気ブログランキング【入口】
くつろぐブログランキング【入口】

香港回復!

2月27日(水)

今日の香港株式市場は大幅続伸しました。国内外に材料がそろった形らしく、アメリカや中国大陸など国内外の株式市場が続伸し、香港での減税措置の発表、国際商品市況の値上がりなどが好感されました。

減税措置というのは、今日の午前に行われた香港の予算案演説で、所得税や不動産税を引き下げる方針が示された措置のことです。

売買代金も1000億香港ドルに迫ってきましたし、そろそろ復活でしょうか。

H株指数構成銘柄は銀行、保険セクターがそろって値を上げました。中国建設銀行(0939)が6.05%高、中国工商銀行(1398)が3.44%高、中国銀行(3988)が3.65%高、中国人寿保険(2628)が6.06%高などです。

中国大陸株式市場も続伸しました。どうやらライスさんのおかげっぽいです。温家宝首相がライスさんと会談をし、その発言を受けて、金融引き締めへの警戒が薄れたらしく、買いが旺盛となりました。
タグ:香港

千年の杜 (1757)ブーム!?

2月26日(火)

毎日たくさんの方々のブログを見ているのですが、最近多い話題は千年の杜 (1757)です。

たくさんの方々、特にデイトレーダーの方々がここ数日毎日のように取引をされているようです。

なんでこんなに注目されているのか調べてみたのですが、いまいちわかりません。どなたかわかる方教えてください。


話は変わりますが、今日上場した大西電気 (3095)。初値は公開価格を21%上回りました。最近のIPOは公募割れとなることが多かったのですが、久しぶりに初値を大幅に超えました。今後のIPOはどうなるのでしょうか?今後の動向にも注意が必要です。
タグ:1757 千年の杜

<東証>三井海洋が売買不成立――2万株程度の買い残す

2月25日(月)

(大引け、コード6269)急伸。午後に入って再び値幅制限の上限(ストップ高)となる前週末比400円高の3300円まで上昇し、この水準で買い気配が続いた。日通しで85万3300株の売買が成立したが、大引けでは比例配分されなかった。市場では「差し引き2万株程度の買い越しだった」との見方が出ている。

 22日の2007年12月期の連結決算説明会で、会社側が浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積み出し設備(FPSO)と呼ぶ洋上設備について、大型の受注が内定していると示唆したことが買い材料。2008年12月期の業績に寄与することを期待した買いが膨らんだ。


NIKKEI NETより引用

中国のマクドナルド

2月24日(日)

中国にあるマクドナルドの店舗のうち、全体の約70%に当たる約600店が24時間営業を行っているらしいです。

とはいうものの、一体それはすごいのかどうなのかわかりません。
ということで日本はどうなのか調べてみました。

日本は2007年の4月に24時間店舗が1,000店を突破しています。

以上!(笑)

・・・せっかくですので他の情報も少しお話したいと思います。

みなさんは、日本のマックが今までで1番売り上げた日は、一体いくら売り上げたと思いますか?

1番の売り上げを誇ったのは、去年の1月14日、なんと1日で23億4,700万円を売り上げたそうです。(ホームページより)

やっぱりすごい!

プリマ、13年ぶりに新工場・安定供給狙いタイに

2月23日(土)

 プリマハムはタイにハム・ソーセージなどの新工場を建設し、今春に本格操業を始める。同社の新工場建設は国内外で13年ぶり。新工場の生産能力は年間約8400トンと、既存のタイ工場の3.5倍になる。海外の生産拠点が中国に集中するリスクを避け、安定的な供給体制を整える。

 新工場はタイの生産子会社、タイベストパッカーが同国のプラチンブリ県の工業団地内に新設し、このほど試運転を始めた。タイベストパッカーは現地企業との合弁会社だったが、新工場建設に伴う増資を機にプリマが子会社化した。新工場の総投資額は約17億円。


NIKKEI NET マネー&マーケットより

元気がない香港市場

2月22日(金)

みなさん、今日はなんの日かご存知ですか?
今日は2月22日、「ニャン(2)ニャン(2)ニャン(2)」で猫の日です。猫をいつも以上に大切にしましょう。

さて、今日も香港市場は下落となりました。最近いまいち元気がありません。やはり原因はアメリカということなのでしょうか。

やっぱりどうしてもアメリカ主導の経済になっているようです。
アメリカが株高になれば香港も株高、アメリカが株安となれば香港も株安といった感じです。

それに加え、今日は数十社に上るA株増資計画が伝えられたことで、需給悪化懸念を受けた本土株市場の大幅安も投資家心理を冷え込ませる要因となったようです。

ところで、中国株は本当に値がよく動きますね。日本があまり動かないだけに余計感じるのかもしれませんが。

今日のあまりよくない市場でも、昨日に比べ30%以上上昇している銘柄が2つもあります。

そのうちの1つ、「永義実業」は携帯電話関連事業の会社です。
それぐらいしかわかりませんでした(笑)

まあ気長に上昇を待つことにします。

ヤマトHD、2010年に売上高25%増の1兆4500億円・中計

2月21日(木)
 ヤマトホールディングスは21日、2010年度の連結売上高を06年度比25%増の1兆4500億円とする中期経営計画(08年度から3カ年)を発表した。主力の「宅急便」など宅配分野の安定成長をめざしつつつ、企業物流や金融事業などの他分野を54%増と大幅に伸ばす。

 これら宅配以外の「ノンデリバリー事業」の売上高を10年度に3500億円とし、全売上高に占める同事業の比率を06年度の20%弱から24%に高める計画。輸送経路を短縮するなど効率的な企業物流の提案を強化するほか、物流と一体で引き受ける決済事業の拡大をめざす。


NIKKEI NET マネー&マーケット

日立、欧州売上高1兆円を目標・2010年度

2月20日(水)その2

 【ロンドン=清水泰雅】日立製作所の古川一夫社長は19日、訪問先のロンドンで記者会見し、2010年度に欧州での売り上げを06年度比15%増の1兆円に拡大する方針を明らかにした。鉄道システムや電力システムなど社会インフラ事業での受注を強化する。鉄道事業拡大の一環として、英国の鉄道インフラを持つネットワーク・レイル社と次世代信号システムの実証実験を共同で実施することも発表した。

 古川社長は会見で、鉄道車両や発電所などの受注が相次いでいることを強調。「欧州でも交通網の整備やエネルギー需要の拡大などに対応するためのインフラ投資が急増している。日立の技術力で受注拡大を目指す」としている。

 ネットワーク・レイル社との実証実験では、実証用システムの開発・仮設の後、10年から走行確認実験を開始する予定。実験が成功すれば欧州連合(EU)が規格の共通化を進める次世代鉄道信号システムの受注につながるという。


NIKKEI NET マネー&マーケットより
タグ:6501 日立

ソニー、有機EL事業に220億円を投資・08年度下期

2月20日(水)
 ソニーは19日、2008年度下期に有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)事業に220億円を投資し、パネル製造ラインを新設すると発表した。09年度後半をメドにパネルの生産技術を確立、20型以上の中型の有機ELテレビの実用化を目指す。

 投資は愛知県東浦町にある液晶製造子会社、ソニーモバイルディスプレイ工場内の有機ELパネル生産ラインの新設に充てる。ガラス基板サイズは3.5世代と呼ばれる大きさで600ミリ×720ミリ。新ラインで20型以上のパネルの生産に向けた研究を進める。ソニーは昨年末に11型の有機ELテレビを生産しており、今後、中・大型化に向けた生産ノウハウを蓄積する。

 有機ELを巡っては、ソニーのほかセイコーエプソンが8型ディスプレーを今年秋にも商品化するほか、韓国サムスン電子が31型テレビの試作品を開発するなど開発が加速している。ソニーは液晶・プラズマに次ぐディスプレーとして有機ELの開発を強化、開発・生産面での優位性を保ちたい考えだ。


NIKKEI NET マネー&マーケットより
タグ:6758 ソニー

東芝社長「事業環境が急変」・HD―DVD撤退発表

2月19日(火)
 東芝は19日午後、「HD―DVD」規格の新世代DVD事業から撤退すると発表した。記者会見した西田厚聡社長は「年初来の事業環境の急変を受け、1日も早い意思決定が不可欠だった」と述べた。プレーヤーとレコーダーの生産・販売は停止、出荷も3月末をめどに終了する。HD−DVDドライブ搭載のノートパソコンは、今後扱いを検討する。事業撤退による業績への影響は「現段階では確定していない」としている。

 併せて、岩手県北上市と三重県四日市市にフラッシュメモリー工場を新設することも発表した。


NIKKEI NET マネー&マーケットより
タグ:東芝 6502

トヨタが新型「クラウン」・居眠り運転に警報、ハイブリッド車も

2月18日(月)その2

 トヨタ自動車は18日、主力の高級セダン「クラウン」を4年ぶりに全面改良して発売した。新たにハイブリッド車を開発したほか、車内に10個のエアバッグを標準装備、運転手のまぶたの開閉状態を検知し居眠り運転を検知する警報装置を用意するなど、安全面での機能を向上した。月5500台の販売を計画。利益率の高いクラウンの発売で収益が低迷する国内事業をテコ入れする。

 新型クラウンは1955年の発売以来、13代目にあたる。「レクサス」が世界の高級車市場の開拓を担うのに対し、クラウンは「日本人のための高級セダン」(渡辺捷昭社長)と位置づけ開発を進めてきた。


NIKKEI NET マネー&マーケットより

東京エレクトロン、太陽電池でシャープと提携発表

2月18日(月)
 東京エレクトロンは18日、シャープと提携し太陽電池の製造装置事業に参入すると正式発表した。共同出資会社を設立し太陽電池製造に使う中核装置を開発する。太陽電池向け装置を半導体や薄型パネル向けに次ぐ主力事業にする。2009年からの出荷開始をめざす。

 共同出資会社「東京エレクトロンPV」を山梨県韮崎市に設立。資本金は5000万円で、東京エレクトロンが51%、シャープが49%を出資する。「薄膜型」と呼ぶシリコン使用量の少ない太陽電池で、発電素材となるシリコンの薄膜を生成する装置を開発する。開発した装置は東京エレクトロンが生産し販売する。


NIKKEI NET マネー&マーケットより

中国・・・

2月16日(土)
またまた更新サボってました。ごめんなさい。

相変わらず中国株をしているのですが、いまだにプラスに転じません。

早くプラ転しないかなー。

最近のギョーザ問題や中国の大雪、サブプライム問題などが重なってひどいことになっています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。